HOKUTOジュニアゼミ 入室にあたっての質問事項

Q1 どんな内容の授業ですか?

A1 国語は出口汪さんの論理エンジンを軸に論理力・読解力をつける内容で、3年生までに親と一緒に新聞が読めるレベルの漢字力もつけています。

算数は考える算数を軸に、低学年では実感算数を取り入れています。

理科は、実験も行います。

社会は2年生から歴史の軸をつくり始め、4年生卒業までに理科、社会とも6年生までの基礎は全て終了します。

また、進学塾ではやらない、脳力開発プログラムとして、記憶を良くする回路の形成プログラムと速読を行い、脳の土台作りを行っています。中学、高校、大学に入り、その違いが明らかになって現れています。

Q2 宿題はありますか?

A2 はい、あります。

国語、算数、社会、理科とそれぞれの分野から出ます。

学年によりその量も異なります。お子さんに応じて、選択制のコース宿題もあります。

Q3 送り迎えは皆さんどの様になさっていますか?

A3 小学校に入学して、夏頃からは一人で通うお子さんもいます。

冬場は早く暗くなるので、早い時間から来て、授業が始まるまで自主学習をして待っているお子さんもいます。

帰りは、学年によって19時過ぎるため、必ずお迎えをお願いしています。

また、授業終了後15分ほど、今日の授業内容とお子様の様子をご説明する時間を設けていますので、教室内までのお迎えをお願いしています。

Q4 長時間集中できるでしょうか?

A4 レッスン時間が学校より長いのですが、1つの教科だけでなく、総合的プログラムですので、あきて集中が切れることはありません。

また、考える授業、表現する授業を軸としていますので、一方的な教えられる授業とは違って、みんなイキイキと授業に参加しています。

Q5 自分で勉強をするようになるのでしょうか?

A5 自立心・自制心・自尊心を育てることを指針としています。

その為のメンタルケアーを行っています。

詳しくは子育てQ&A又はカウンセリングを参照下さい。

Q6 先生は選べるのですか?

A6 生徒さんが、担任を選ぶことは出来ませんが、ベテランのスタッフが指導しています。

2~3ヶ月に一度面談をし、自学自習家庭学習プログラムを作成します。一人ひとりのお子さんの成長と能力に合わせた、きめ細やかな対応をしています。

オーナー講師かがみの講話も定期的に行い、日常の不安、疑問もその時に直接質問することが出来ます。

また、もっとゆっくり話しをしたい方は、コーチング、カウンセリングも別枠で対応させて頂きます。

Q7 クラスの雰囲気や、先生によって違いはありますか?

A7 はい、あります。

カリキュラムは学年ごとに全クラス統一なのですが、通ってくださっている お子さんの気質によりクラスのムードも変わります。

また、講師の気質により、その特徴・味が出ます。

良い悪いではなく、ご自分のお子さんの感性にあったクラスを選ぶのも良し、いろんなクラスに適応していくのも良いでしょう。

Q8 卒業生はどのようになっていますか?

A8 1期生の卒業生は今既に20歳を越えています。

それぞれの大学に進み、青春を楽しんでいます。

当教室のスタッフとして働いてくれている子もいます。

「結婚したら、俺の子供は絶対にほくとに通わせる!!」と言ってくれる卒業生もいます。

ホームページに卒業生の動画がありますので御覧下さい。

Q9 どんな学校に進学していますか?

A9 偏差値の高い学校が良い訳ではありません。

一人ひとりにあった学校が必ずあります。

また、中学を選ぶときは、大学の推薦枠や近年の進学状況、クラブ活動、留学制度などを参考にし、偏差値のみで判断してはいけません。

HOKUTOではお子さんの小さい頃から関わるからこそ、一人ひとりの本質がわかっています。

詳しくは進学実績を参照下さい。